一人暮らし病気療養中の食事も安心!?『健康宅食活用術』とは

労力をかけずに栄養バランスの良い食事をとることができる『健康宅食』は、病気療養中の生活を助けてくれます

身体が辛くて思うように動けないとき、食事の準備をするのは大変。


それでも、

一人暮らしの場合は自分で食事を用意しないといけません。


さらに、

病気の時にこそ、安静にしていながらも、きちんと栄養をとることは大切。



今回はまず、

一人暮らしの病気療養で最低限用意しておきたい『3つの食料』をざっくり確認。

さらに病気療養が長くなる場合は、きちんと栄養をとれるように、

『健康宅食活用法』を一緒に見ていきましょう!

目次

一人暮らしの病気療養:最低限買っておきたい『3つの食料』

病気療養中で買い出しに行くのも大変なとき、まず最低限の食料は確保しておきたいところ。

まずは、最低限買っておきたい3つの食料を見ていきましょう!

最低限買っておきたい食料①:『おかゆ』

おかゆは体調の良くない時でも消化がよく、水分も取ることができます。

比較的簡単に作ることはできますが、調理する体力もないときに利用したいのが、レトルトパックのおかゆ。

袋を開けてすぐに食べることができるので便利です。

最低限買っておきたい食料②:『ゼリー』

身体が食べ物を受け付けないときでも比較的喉を通りやすいのが、ゼリー。

薬局やスーパーへ行くと、いろいろな種類のゼリーが並んでいます。


喉を通りやすいそうだなと思うものをいくつか買っておくと助かります。

最低限買っておきたい食料③:『経口補水液』

水分をとる上で力になってくれるのが、経口補水液。

夏の熱中症対策で活躍しますが、病気療養中の水分補給にも便利。

僕も飲んでいましたが、身体への吸収のされ方が良く、身体がだるいときにも飲みやすいです。




それでも

どうしても近くのドラッグストアやスーパーにも買いに行けないときもあるかもしれません。

そんなときは、ネットスーパーなどでも届けてもらうことができます。



一人暮らしの病気で大変なのは、すべて自分でなんとかしなければならないこと。

数日の病気療養であれば、最低限これくらいは常備しておきたいところです。




もし

長期の病気療養になったり、あらかじめ病気療養することがわかっているのであれば

これだけでなく、きちんとした食事で栄養を取ることも考えないといけないかもしれません。

その場合は、外へ出なくても手軽にきちんとした食事を取ることができる体制を整えることが大切。

そんなときは、『健康冷凍宅食』を活用するのが良いのではないでしょうか。



ネットで注文しておけば決まった時間にまとめて食事を届けてくれて、調理も片付けも簡単。

その上、管理栄養士が栄養バランスを考えてくれて、調理師が料理した食事を急速冷凍。

出来立ての食事を冷凍して、新鮮なまま届けてくれる食事↓

解凍して食べて、ささっと容器を洗って、ポイっと捨てるだけなので、食事の手間を極限まで減らしてくれます。

労力をかけずに栄養バランスの良い食事をとることができて、病気療養中の食生活を助けてくれるのではないでしょうか。



それでは

具体的に、どのように活用することができるのか、『健康冷凍宅食 活用術』を一緒に見ていきましょう!

一人暮らしの病気療養を助けてくれる『健康冷凍宅食 活用術』

では

具体的にどのように病気療養中の食事を助けてくれるのでしょうか?

実際の様子を3つに分けて見ていきましょう!

健康冷凍宅食 活用術①:『労力をかけずに食べれる調理方法』

健康冷凍宅食の調理方法は簡単。労力をほとんどかけずに食べることができます。

具体的に見ていきましょう!


例えば、レンジで解凍調理する宅食。

まず、①温め時間を確認して、②レンジへ↓

そして、③書かれている時間数を温めれば、④完成↓

これだけで温かい食事をとることができます。


病気療養中の体力的に大変なときに調理するのは大変。

最小限の労力と時間で、温かくて健康な食事を食べることができます。

健康冷凍宅食 活用術②:『まとめて受け取れる配達方法』

調理方法は簡単。

では、

その食事たちはどのように届けてもらえるのでしょうか?

注文すると、配送業者のクール便で冷凍状態で配送してもらえます↓

どれくらいの食数をまとめて届けてもらえるかは宅食によりますが、

2週間分ぐらいはまとめて届けてもらえます。


指定した日時にまとめて配達してくれるので、

まとめて受け取っておけば、あとは冷凍庫で保管するだけです。

健康冷凍宅食 活用術③:『保管に便利な消費期限』

調理した食事をすぐに急速冷凍しているので消費期限が長い。

だいたい4〜6ヶ月程度の宅食が多いように思いますが、これまで食べた冷凍健康宅食の中で長いものは1年近く保存できるものもありました。

こちらの宅食は2020年5月11日に配達してもらったものですが、賞味期限は2021年5月5日↓

賞味期限は、届いた日から約12ヶ月後。

体調の具合で食べられなかったとしても、後日食べることができるので、嬉しいポイントです。

健康冷凍宅食を使うことで、病気療養中のつらい時期でも、労力をかけずに栄養バランスの良い食事を食べることができます。


でも

健康冷凍宅食って、種類が多い↓

病気療養中の一人暮らし向けの宅食はどれが良いのでしょうか?

選ぶ『3つの基準』を見ていきましょう!

一人暮らしの病気療養:健康冷凍宅食を選ぶ『3つの基準』

病気療養中の一人暮らし向けの健康冷凍宅食を選ぶための『3つの基準』があります。

1つずつ見ていきましょう!

健康冷凍宅食を選ぶ基準①:『栄養バランスが良い』

まずはじめに

病気療養中には、きちんと栄養バランスの良い食事をとることが大切。


多くの宅食は、管理栄養士が栄養バランスを計算して作っていますが

中には、メニュー表を毎回入れてくれるものも↓

こういう健康宅食は積極的に栄養バランス良くするために取り組んでいるのがわかりますし、安心します。

健康冷凍宅食を選ぶ基準②:『食品添加物が少ない』

食品添加物は身体によくないですし、病気療養中はなおさらできる限りとらないようにしたところ。


多くの健康宅食はパッケージに原材料名が書かれていますが、そこに食品添加物の表示もあります↓

中には、公式サイトで原材料名と食品添加物を見ることができるものも。


これまで食べた中で

食品添加物をできるだけ入れないように取り組んでいる宅食もあるので、後ほどお伝えしていきますね。

健康冷凍宅食を選ぶ基準③:『食べやすい優しい味』

そして、最も重要なのは、味が美味しくて食べやすいこと。

健康宅食の中には、喉通りがよくて消化に良い食事もあります↓

喉を通らないような時、体調の少しでも良い時にはできるだけ食べられるように

味が濃くなく、やさしい味付けのものを選ぶのが良いのではないでしょうか。

それでは、ここからは

これまで人気の宅食を10種類以上食べた中で良かったものを2つ、一緒に見ていきましょう!

一人暮らしの病気療養中に食べたい『2つの健康冷凍宅食』

健康冷凍宅食には色々なものがあって、若い人向けのものから高齢者向けのものまで様々。

ここからは、病気療養中の一人暮らし向けのものを2つ見ていきましょう!

一人暮らしの病気療養中に食べたい健康冷凍宅食①:『食宅便』

食宅便は日清医療食品の冷凍健康宅食で、栄養バランスなど健康に良い食事↓

1食に入っている料理の品数が5種類と他の宅食に比べて多いので、

色々なものを少しずつ食べることができる食事です。


色々なコースがあって↓

病気療養中の健康状態に合わせて選べるのもポイントです↓

食宅便の調理方法は、レンジ解凍することができます。

レンジで解凍する時間は少し短めで、500Wなら4分程度。


まず

①パッケージの温め時間を確認して、②レンジへ↓

③時間数加熱したら、④完成です↓

病気療養中の食事におすすめなのが、「おこのみセレクト」コース。

食宅便はどのコースも栄養バランスに配慮されているのですが

その中で約40種類のメニューから食べやすそうなメニューを選ぶことができます。



おこのみセレクトの食事について詳しく知る場合はこちらをどうぞ↓

他にも、「塩分ケア」「低糖質セレクト」といった特に優しい味付けの食事もあるので、あなたの健康状態に合ったコースを見つけてみてはいかがでしょうか。


そして、食宅便の日清医療食品は栄養士・管理栄養士約9000名が在籍していて、栄養バランスが特に考えられているという安心感も嬉しいところです。



食宅便に興味を持ったあなたは公式サイトであなたにあったコースを見てみましょう!

>>食宅便公式サイトであなたに合ったコースを見てみる

一人暮らしの病気療養中に食べたい健康冷凍宅食②:『わんまいる』

わんまいるの食事は惣菜専門店や京料理専門店に調理を委託しているという、美味しさにこだわった食事↓

和風の食事が多いのですが、出汁の美味しさに定評があるのが特徴で、とても食べやすい食事です↓

そして、健康な食事をとりたい場合にもわんまいるは嬉しいポイントが。

食材は国産100%と書かれていて、地元の顔の見える生産者から主に仕入れているという安心感。

そして、合成保存料・合成着色料無添加で食品添加物にも気をつけているという安全な食事。



わんまいるの食事の安全性について詳しく知る場合は、こちらの記事も参考にされてみてください↓


単品料理の種類も数多くあるので、食べやすそうなものをプラスで注文してみると楽しいですよ↓

わんまいるの調理方法は食宅便とは違い、湯煎解凍や流水解凍が多い↓

鍋やボールを使うのは少し手間はありますが、美味しさにこだわった食事↓

レンジですべて解凍すると料理によって解凍具合が違ってくることがありますが、

わんまいるは料理によって一番美味しくなる解凍方法で調理することができるので、

少し労力をかけても、より美味しさにこだわる場合はおすすめですよ。


わんまいるの味について詳しく知る場合はこちらを参考にどうぞ↓


わんまいるに興味を持ったあなたは公式サイトで最新メニューを見てみましょう!

>>わんまいる公式サイトで最新メニューを見てみる



おすすめ健康宅食

  1位 nosh/ナッシュ
nosh/ナッシュの特徴

  • □美味しさに定評のある健康冷凍宅食。シェフのメニューへのこだわりを感じるラインナップ。
  • レストランで食べるような料理なのに、栄養バランスに配慮されているのは嬉しいところ。
  • □さらには、7分程度のレンジ解凍で食べられる手軽さ。
  • □食べていくと好きなメニューができてくる。それが楽しみの一つです。
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • >>NOSH公式サイトでおすすめのメニューを見てみる
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ct_post_views_byloos80
  2位 わんまいる
わんまいるの特徴

  • □国産食材100%の健康冷凍宅食。合成保存料・合成着色料が無添加という安心の品質
  • □主菜も副菜2品も、とにかく出汁が美味しい。
  • □料理ごとに小分けパックになっていて、最も美味しくなる方法で解凍するという美味しさへのこだわり。
  • □解凍に多少の手間をかけても品質と美味しさにこだわる人におすすめです。
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ct_post_views_byloos63
  3位 食宅便
食宅便の特徴

  • □日清医療食品の健康冷凍宅食。医療福祉施設へたくさん提供している実績があってどの料理もクオリティが高い。
  • □1食5品入っていて、色々なものを食べられるのも嬉しいところ。
  • □さらには、4分程度のレンジ解凍で食べられる手軽さ。
  • 選べるコースのバリエーションが豊富なので、あなたに合ったメニューを見つけることができます。
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • >>食宅便 公式サイトであなたに合ったコースを見てみる
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

ct_post_views_byloos82

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる