“めんどくさい”一人暮らしの食事を解決!?『健康宅食活用術』とは

食事にかかる手間をほとんど無くすことができる『健康宅食』は、めんどくさい一人暮らしの食事を助けてくれます↓

毎日仕事で疲れて帰ってきて、それから食事の準備をするのは本当に大変。

それでもお腹は空いてきますし、食事をおろそかにしてしまうと健康にもよくない。。。



では、

どうすれば、ヘトヘトになっている時でも手間をかけずに食事をとることができるのでしょうか?

一人暮らしのライフスタイルにおいて、上手に手を抜いていくことは大切なこと。



今回はまず、

食事の手間を減らすための『すぐにできる4つの方法』をざっくり確認。


さらに食事にかかる手間を減らして、健康に気をつけたい場合は、

『健康宅食活用法』を一緒に見ていきましょう!


ヘトヘトで食事がめんどくさい時でも

労力と時間をかけずに、健康な食事がとれるようになりますよ。

目次

“めんどくさい” 一人暮らしの食事:食事の手間を減らす『4つ方法』

一人暮らしで食事の手間を減らしたいとき、色々な方法があると思います。

まずはじめに、すぐにできる方法を4つざっくり確認していきましょう!

①外食をする

まずは、「外食をする」ということがあげられます。

仕事の帰りに飲食店に立ち寄って、ご飯を食べて帰ってくる。


手間もかからず、便利な方法です。

費用がかかるのと、健康にも気を配ることができれば良いかもしれません。

②デリバリーを活用する

疲れた仕事の後は、外食ではなく、家でゆっくりご飯を食べたい。

そんな時は、

Uber Eatsや出前館のような宅配サービスを活用するという選択肢も。

配達料金など、費用はかかりますが、自宅でゆっくりご飯を食べれるのは嬉しいところです。

③お弁当を買ってくる

家でゆっくりご飯を食べられる方法は、お弁当などを買ってくることもできます。

近所や帰り道にお弁当屋さんがあれば手間なく買って帰れますし、コンビニやスーパーでは時間帯によっては安くなっていることも。

続いてしまうと健康にはよくないかもしれませんが、費用も安く、自宅でゆっくり食べることができます。

④週末に作り置きをする

お財布にも優しく、健康にも良いのが「作り置き」をすること。

平日に忙しくても休日に作り置きならできるという場合は、調理して冷凍しておくと長持ちします。


特に

お米はまとめて炊いておくと、そこまで手間もかからないので便利なのではないでしょうか。


色々な方法があって、それぞれにメリット・デメリットがあるのがわかります。

「費用」「健康」「労力」

これらのうち、どれを優先させるか、悩ましいところかもしれません。


でも、

「仕事から早く帰って、「労力」も「費用」もかけずに、家でゆっくり「健康」な食事をとりたい」

そんなときは、健康冷凍宅食を活用するのが良いのではないでしょうか。



ネットで注文しておけば決まった時間に1週間分の食事をまとめて届けてくれて、調理も片付けも簡単。

その上、管理栄養士が栄養バランスを考えてくれて、調理師が料理した食事を急速冷凍。

出来立ての食事を冷凍して、新鮮なまま届けてくれる食事↓

解凍して食べて、ささっと容器を洗って、ポイっと捨てるだけなので、食事の手間を極限まで減らしてくれます。

忙しくても、ご自身の時間を最大限確保できて、一人暮らしのライフスタイルを助けてくれるのではないでしょうか。

リーズナブルな宅食を選べば、費用の面でも食費を助けてくれるかもしれません。


では

具体的に、どのように活用することができるのか一緒に見ていきましょう!

“めんどさくい” 一人暮らしの食事:最大限手間を減らす『健康冷凍宅食 活用術』

では

具体的にどのように食事にかかる手間を減らすことができるのでしょうか?

実際の様子を3つに分けて見ていきましょう!

健康冷凍宅食 活用術①:『疲れて帰ってきて、すぐ食べれる調理方法』

健康冷凍宅食の調理方法は簡単。手間をほとんどかけずに食べることができます。

具体的に見ていきましょう!


例えば、レンジで解凍調理する宅食。

まず、①温め時間を確認します↓

そして、②レンジへいれて、③書かれている時間数を温めます↓

④完成、これだけで温かい食事をとることができます↓

疲れて帰ってきて、お腹が減っている状態で調理するのは大変。

最小限の手間と時間で、温かくて健康な食事を食べることができます。

健康冷凍宅食 活用術②:『まとめて受け取れる配達方法』

調理方法は簡単。

では、

その食事たちはどのように届けてもらえるのでしょうか?

注文すると、配送業者のクール便で冷凍状態で配送してもらえます↓

どれくらいの食数をまとめて届けてもらえるかは宅食によりますが、

家族の食事を1週間分ぐらいはまとめて届けてもらえます。


指定した日時にまとめて配達してくれるので、

休日などにまとめて受け取っておけば、あとは冷凍庫で保管するだけです。

健康冷凍宅食 活用術③:『長い消費期限』

調理した食事をすぐに急速冷凍しているので消費期限が長い。

だいたい4〜6ヶ月程度の宅食が多いように思いますが、これまで食べた冷凍健康宅食の中で長いものは1年近く保存できるものもありました。

こちらの宅食は2020年8月26日に配達してもらったものですが、賞味期限は2021年8月7日

賞味期限は、届いた日から約11ヶ月後

急に予定が変わったりしても食材が残ってしまうことがないので、嬉しいポイントです。

健康冷凍宅食を使うことで、めんどくさい一人暮らしの食事も、手間をかけずに栄養バランス良く食べることができます。


でも

健康冷凍宅食って、種類が多い↓

一人暮らし向けの宅食はどれが良いのでしょうか?

選ぶ『3つの基準』を見ていきましょう!

一人暮らし向けの健康冷凍宅食を選ぶ『3つのポイント』

一人暮らしで食事で健康冷凍宅食を選ぶとき、『3つのポイント』があります。

さっそく見ていきましょう!

一人暮らし向けの健康冷凍宅食を選ぶポイント①:『値段がリーズナブル』

まず、気になるのが、どれくらいの費用がかかるのがということ。

値段の高い健康宅食もありますが、リーズナブルなものでクオリティの高い宅食はあります。


具体的な宅食は後ほどお伝えしていきますが、宅食の中には魅力的な割引の仕組みもあります。

例えば、Nosh(ナッシュ)という人気宅食の割引サービス↓

20食食べるごとに割引率が上がっていくという仕組みで、一度ランクが上がると永遠に割引率が適用されるという仕組み。

実際にこれまで食べてきて、ゴールドランクまで上がったため、7%オフでいつも食べることができています↓

このまま食べるとまだまだ割引率が上がっていくので、1食当たりワンコイン以下にまでお得になります。

このように割引の仕組みと合わせてどれくらいの費用がかかるのか見てみると良いかもしれません。

一人暮らし向けの健康冷凍宅食を選ぶポイント②:『満足できるボリューム』

リーズナブルな宅食を探していく中で気をつけたいのが、食事のボリューム。

健康冷凍宅食はだいたい、料理の品数が3〜5品でボリュームも様々です。


例えば、こちらの2つの食事↓

左は5品入っていて、色々な料理を食べることができますが、1つ1つの料理は普通のボリューム。

一方で右は4品ですが、メイン料理のボリュームが大きくて食べ応えがあります。

このように色々なボリュームの食事があるので、好みに合わせて選ぶのが良いのではないでしょうか。

一人暮らし向けの健康冷凍宅食を選ぶポイント③:『味が美味しい』

食事は毎日のことなので、美味しいことはとても大切。

これまで10種類以上の健康冷凍宅食を食べてきましたが、美味しさは様々でした。

例えばこちらの2食↓

左は味が濃いのですが、右は比較的健康重視で優しい味付けになっています。

宅食の中でもコースが色々あって味付けが多少違っていたりということもあるので、

好みの味付けを選ぶのが良いのではないでしょうか。


では

この『3つのポイント』をふまえて、一人暮らし向けの宅食はどれが良いのでしょうか?

これまで人気の宅食を10種類以上食べた中で、一人暮らしのライフスタイルに良かった『3つの健康冷凍宅食』を一緒に見ていきましょう!

一人暮らし向けの『3つの健康冷凍宅食』

健康冷凍宅食には色々なものがあって、若い人向けのものから高齢者向けのものまで。

一人暮らし向けのものを3つ見ていきましょう!

一人暮らし向けの健康冷凍宅食①:『Nosh/ナッシュ』

Noshは彩り豊かで、洋食が中心の健康宅食。管理栄養士が栄養バランスを計算してシェフが調理する食事です。

シェフが作る食事はいつも美味しさ抜群。


メニューの種類も多くて、これまで食べたどの食事も美味しかった↓


Noshは注文出来る食数のバリエーションも多彩。

好きなメニューを好きな数だけ注文することができるのも特徴の一つです。

食べていくとだんだん好きなメニューができてくるので、

例えば、10食注文する場合は、好きなものをいくつも入れられますし

嫌いなメニューは注文しなくて良いのも嬉しいポイントです。


そして

Nosh Clubという割引サービスがあるのも嬉しいポイント↓

食べれば食べるほどお得になっていく仕組みです。



調理方法は

①パッケージの温め時間を確認してレンジで加熱したら、②完成↓

仕事から疲れて帰ってきてもレンジにかけるだけで温かい食事を食べれるので、簡単です。

Noshの味について詳しく知る場合はこちらを参考にどうぞ↓


Noshに興味を持ったあなたは公式サイトで人気メニューを見てみましょう!

>>Nosh/ナッシュ公式サイトでメニューを見てみる


一人暮らし向けの健康冷凍宅食②:『食宅便』

食宅便は日清医療食品の冷凍健康宅食で、栄養バランスなど健康に良い食事↓

1食に入っている料理の品数が5種類と他の宅食に比べて多いので、

色々なものを少しずつ食べることができる食事です。


色々なコースがあって↓

家族一人一人の健康状態に合わせて選べるのもポイントです↓

食宅便の調理方法もNoshと同じで、レンジ解凍することができます。

レンジで解凍する時間は少し短めで、500Wなら4分程度。


まず

①パッケージの温め時間を確認して、②レンジへ↓

③時間数加熱したら、④完成です↓

共働き世帯におすすめなのが、「おこのみセレクト」コース。

食宅便はどのコースも栄養バランスに配慮されているのですが

その中で約40種類のメニューから食べたいものを選ぶことができます。



「うなぎの蒲焼き」のように季節限定メニューもあって嬉しいところ↓

おこのみセレクトの食事について詳しく知る場合はこちらをどうぞ↓

そして、食宅便の日清医療食品は栄養士・管理栄養士約9000名が在籍していて、栄養バランスが特に考えられているという安心感も嬉しいところです。



食宅便に興味を持ったあなたは公式サイトであなたにあったコースを見てみましょう!

>>食宅便公式サイトであなたに合ったコースを見てみる


一人暮らし向けの健康冷凍宅食③:『食のそよ風』

よりリーズナブルな食事を求めるなら食のそよ風もおすすめ↓

こちらは国産プレミアムコースですが、食のそよ風のスタンダードなコースは「プチデリカ」というコース。

こちらは値段がリーズナブルで、栄養バランスが良いだけでなく、もちろん味も美味しい。


ただ、

Noshと比べると、メイン料理のボリュームが大きくないのはどちらが良いか悩みどころ。

食事のボリュームを求めてない場合は良いかもしれません。



調理方法は、食のそよ風も簡単。

①パッケージにある温め時間を見て、②レンジへ↓

③レンジで温めたら、④完成です↓



食のそよ風の食事は、10食で3950円(税抜)なので、1食当たり約400円。

健康冷凍宅食はクール便で届くので送料が安くないのですが、食のそよ風の定期便は送料が無料。


かかる費用は1食約400円のみというのは嬉しいポイント。

値段や食事のボリュームなど、比較検討するのが良いのではないでしょうか。


食のそよ風について興味を持ったあなたは公式サイトで最新メニューを見てみましょう!

>>食のそよ風 公式サイトでメニューを見てみる



おすすめ健康宅食

  1位 nosh/ナッシュ
nosh/ナッシュの特徴

  • □美味しさに定評のある健康冷凍宅食。シェフのメニューへのこだわりを感じるラインナップ。
  • レストランで食べるような料理なのに、栄養バランスに配慮されているのは嬉しいところ。
  • □さらには、7分程度のレンジ解凍で食べられる手軽さ。
  • □食べていくと好きなメニューができてくる。それが楽しみの一つです。
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

評価
ct_post_views_byloos3
  2位 わんまいる
わんまいるの特徴

  • □国産食材100%の健康冷凍宅食。合成保存料・合成着色料が無添加という安心の品質
  • □主菜も副菜2品も、とにかく出汁が美味しい。
  • □料理ごとに小分けパックになっていて、最も美味しくなる方法で解凍するという美味しさへのこだわり。
  • □解凍に多少の手間をかけても品質と美味しさにこだわる人におすすめです。
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

評価
ct_post_views_byloos5
  3位 食宅便
食宅便の特徴

  • □日清医療食品の健康冷凍宅食。医療福祉施設へたくさん提供している実績があってどの料理もクオリティが高い。
  • □1食5品入っていて、色々なものを食べられるのも嬉しいところ。
  • □さらには、4分程度のレンジ解凍で食べられる手軽さ。
  • 選べるコースのバリエーションが豊富なので、あなたに合ったメニューを見つけることができます。
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

評価
ct_post_views_byloos3

この記事を書いた人

目次
閉じる